スイス・レーティッシュ鉄道ファンのブログ

スイス・氷河特急を走らせるレーティッシュ鉄道をテーマにしたブログです。

スイスRhBアレグラのアローザラッピングは望み薄

実車はないのに、模型の世界ではLGB(1/22.5)、HOm(1/87)、N(1/150)と各縮尺で存在する
レーティッシュ鉄道:アレグラのアローザラッピング。
レーティッシュ鉄道へお願いする前に「どうしてアローザラッピング」と言うものがあるのか?
調べてみました。

RhB アローザラッピング車両(実車

 「Bing Chat」 でも調べましたが、アローザ線は出てきましたが、「ラッピング」までは出てきませんでした。
ほかの方法として、ドイツ語のWikiを調べると出てきました。
 次のとおりです。
https://de.wikipedia.org/wiki/Arosa-Express

Der Arosa-Express war eine speziell fur den Tourismus konzipierte Zugskomposition auf der Bahnstrecke Chur?Arosa der Rhatischen Bahn (RhB). Der Zug existierte offiziell von 1997 bis 2007 und verkehrte das ganze Jahr uber mehrmals taglich zwischen der Kantonshauptstadt Chur und dem Ferienort Arosa.

 ドイツ語、なんじゃこりゃ!
大学で第二外国語としてドイツ語をとりましたが、覚えているのは、日本語の「は、が、の、を、に」にあたる
der,des,dem,den、dei,der,der,dei、das,des,dem,das だけ。

 しょうがないので、Google 翻訳にお願いしました。
 そう言えば、スイスでもサンモリッツ・ピッツナイル頂上のレストランで日本語メニューを作って居られる時、
Google翻訳を使ってメニューを作って居られました。
 でも、「ナッツタルト」を「タルトナット」と書いておられたので、
添乗員さんが「これは変ですね。ボルト・ナットみたい」と言って訂正しておられました。

ピッツナイルのレストランで添乗員さんがメニューを添削しています。

さて、<Google 翻訳>では、次のとおりです。
「アローザエクスプレスは、レーティッシュ鉄道(RhB)のクール- アローザ鉄道線の観光専用に設計された列車編成でした。この列車は 1997 年から 2007 年まで正式に存在し、州都クールとリゾート地アローザ間を年間を通じて 1 日に数便運行されていました。」

との翻訳です。大体わかります。
「2007年まで存在し」と、言うことは、今はないのかな?

続く部分を要約しますと、次のとおりです。

 アローザ線は、1914年にスイス国鉄の駅「クール」とリゾート地「アローザ」を結ぶアローザ鉄道として開通しました。
その後、1942年にレーティッシュ鉄道に吸収合併されました。
路線距離は26km、所要時間約1時間。
 架線の電流は、1997年まで直流2400Vでしたが、レーティッシュ鉄道の本線系統に合わせるため交流11000Vに変更されました。これによって、レーティッシュ鉄道の車両がアローザ線にも運行できるようになりました。
 この電流変更を機にアローザリゾート振興のため、アローザ観光協会と地元が、10年の期限付きで60万スイスフラン(2024年のレートでは1000万円ほど)
の資金を出し、旧車両の車両の改造、ラッピングをしてアローザエキスプレス誕生させました。

 契約満了が近づいたころ、レーティッシュ鉄道では、新型電車アレグラの計画があり、アローザ線にも運用できることから、アローザエキスプレスのラッピング構想が持ち上がりました。
 しかし、10年後の2007年、アローザ観光協会は、当初の目的を達成した。として、契約の更新はしませんでした。
その後、アローザエキスプレスと言う名称は残りましたが、ラッピングされていた旧車両は一部を除いてレーティッシュ鉄道の標準色である「赤」に戻されました。
 
 ゆえに、アローザラッピングのアレグラは、絵に描いた餅(ドイツ語でどう言うのかな?)になってしまいました。
でも、ブルーに花々をあしらったラッピングは魅力的で模型化されました。
 私としては、アローザラッピングのアレグラを実現し「うそから出たまこと」にして欲しいところですが、1000万円は出せませんので、やはり、KATO/NOCHの35,000円コースで満足するしかないようです。

 

ちなみに「アレグラ」は、スイス固有の言葉「ロマンシュ語」で「こんにちは」です。

KATO/NOCH アレグラ「アローザ」ラッピング車両 「実車はありません」(2024年1月現在)

 久々にレーティッシュ鉄道のブログです。

KATO/NOCH RhB allegra 3500 

 先日、ホビーセンターカトーの新製品発売情報で「えらいもん」を見つけてしまいました。
昨年の11月から予約受付を始めていたようですが、昨日知りました。
 それは、NOCHから委託生産でKATOが生産する商品です。
今までにも、機関車のGe4/4Ⅲ「Holcim」、Ge4/4Ⅱ「アローザ線開通100周年記念」などがありました。

 そして、今度は、ABe4/4 8/12 AllegraのABBAカラーとアローザカラーです。
見つけてしまったら欲しくなります。
でも、価格が高い!

ホビーセンターカトーのページ


3両セット、標準カラー 17,600円(税込み)
ジョーシンweb 13,025円税込み)

<予価>
ABBAカラー 35,000円+3,500円(税金)=38,500円 標準の2.2倍

アローザカラー 30,500円+3,050円(税金)=33,550円 標準の1.9倍

どちらも2倍前後します。
KATOとしては、NOCHからの委託生産だから出来たものは一度NOCHに送って、
それから、逆輸入するから高くなるのでしょうか?
両方とも欲しいけど、金と力のない私には無理!
(昔から「○○おとこ、「かね」と「ちから」はなけりけり」と、言います)(*^_^*)

結局、アローザカラーにしました。
なぜか?「実車がないから」です。
アローザカラーのアレグラは、実車がないのに模型だけが
さまざまなスケールで存在します。


LGB(45mmゲージ,縮尺1/22.5) メーカー名:レーマン (363,000円:標準色)

LGB レーマン製 アレグラ アローザラッピング

 

HOm(12mmゲージ,縮尺1/87)   メーカー名:BEMO    (99,000円:標準色)

HOm BEMO製 アレグラ アローザラッピング

 

N  ( 9mmゲージ,縮尺1/150)  メーカー名:KATO/NOCH (33,220円)

上記のLGB,HOmに比べたら安いものだ!と、やせ我慢をして予約を入れました。

ホビーセンターカトーからの確認メール


あれ?価格が…
31,600+税金3,160円=34,760円+700円(送料)=35,460円
<予価>より2,000円も上がってる!

これも円安のせいか?
 調べました。

対ユーロ 11/1 159円、2/1 159円。為替は変わってないのに…。

 ともかく、しょうがない。
ほれた弱みだ。35,460円用意しよう(泣;

 

 模型に習って、レーティッシュ鉄道が「アローザカラー」を作ってくれたら面白いのに、と、思います。
 KATOから送られてきたら、以前に作ったラングィース橋の上での写真を撮って、レーティッシュ鉄道へお手紙を出してみます。

https://nabeshimasenna.hatenablog.com/entry/2023/10/17/094649

 

家内が<おひとり様限定ツアーに参加> その8 のと鉄道「のと里山里海」

本年初のブログです。


  のと里山里海号の記事を書こうとしていた矢先の能登地震
なんとか早急の生活基盤の復元、復興、そして「のと里山里海号」の運転再開をお祈りしながら、レポートを書きます。

 

  家内のお一人様旅行の最終日
しなの鉄道「ろくもん」を下車した長野駅から
バスで七尾に移動しました。

  のと鉄道は、JR民営化のよって石川県が主体となって作られた第三セクター
営業路線距離は、最盛期に100km以上ありましたが、過疎化とモータリゼーションに勝てず、現在は、七尾 - 穴水の33.1kmです。

 

 では、「のと里山里海」号のご紹介

のと鉄道 NT301 のと里山里海号

 気動車 NT300型 18m車両 2両編成
観光列車として、普通列車用のNT200形をベースとして新造され、
2015年(平成27年)4月29日から運行を開始しました。


 車両デザインを担当したのは、山村真一氏です。
1980年代には、三菱自動車で「ギャランFTO」「ランサー」などのデザイン手がけられたそうです。
web上には「水戸岡デザインは古い。」
と、書かれた記事もありましたが、あまり差はないように思います。

 

お食事

のと里山里海号のお食事

とってもおいしい新鮮なお寿司御膳です。

 運転日は、基本的に土・日・祝日で片道1時間の区間を3往復します。
乗車するだけでもOKですが、別料金をだすと、
 七尾発12:30の3号では寿司御膳、穴水発14:15の4号ではスイーツを選べます。

 

 穴水で町を散策した後、能登金剛へ行きました。

最後は、金沢からサンダーバード

サンダーバード  金沢駅にて

 

 最後は、駆け足になってしまいました。

なんとか、早期のインフラ復旧、お住まいの方の生活がもとに戻ることをお祈りし、

 また、のと里山里海号の復旧を願って、このシリーズを終結いたします。

家内が<おひとり様限定ツアーに参加> その7 しなの鉄道「ろくもん」

家内が私が亡き後、人生を楽しむために「一人旅をする練習」として参加したクラブツーリズム
『こだわりのMADE IN 新潟!えちごトキめき鉄道「雪月花」・しなの鉄道「ろくもん」・のと鉄道「のと里山里海号」3日間』

一日目の雪月花を上越妙高で下車しました。
ここからはバスで今夜の宿泊地;松代温泉・ロイヤルホテル長野に向かいます。

バス 79km 1時間 

このころになると、お一人様が集まったツアーもお互いに仲良くなり、
にぎやかになります。
私は、ただお1人の男性が気になり、「どうされたのか?」と、
家内に尋ねましたが、「さあ??」と、いう返事でした。
女性軍の渦中に居られなかったことは確かなようです。

夕食はバイキングです。仲良くなった4~6人くらいのグループが出来て
楽しく盛り上がったようです。

 

二日目
バスで約1時間、松代温泉から軽井沢駅へ向かいます。
 さて、観光列車のしなの鉄道「ろくもん」

 しなの鉄道沿線の上田市真田町ゆかりの武将「真田一族」の家紋である「六文銭」から命名されました。

軽井沢10:30発→長野12:37

洋食コース 15,800円 (大人、小人同額)

 

しなの鉄道 ろくもん

ベースは、115系電車 1963年から1983年にかけて1921両製造された快速用の電車。

東海道本線横須賀線などを走っていました。

S8編成(クモハ115-1529    モハ114-1052    クハ115-1021)の3両です。

 

南海電鉄 2000系 真田赤備え列車

真田ゆかりの車両といえば、私の沿線、南海・高野線でも、

2015年のNHK大河ドラマ真田丸」を契機に
南海・真田赤備え列車という車両が走っています。(現在は、橋本⇔極楽橋間)

こちらは、カラーが真田で、特別な食事や特別料金の設定はありません。


しなの鉄道「ろくもん」のデザインは、JR九州ななつ星をデザインした水戸岡鋭治のデザインで、2014年に改造されました。

 

エンブレムがたくさん付いています。

狭い面積に、日本語、ローマ字などで6回も列車名「ろくもん」が書かれています。

左に見える両開き扉が「通勤電車」の面影を残しています。

 

<車内>

地元の木材を生かしたカジュアルな食堂。

 

乗降口・調理場と居室の間に間仕切りはありません

<食事>

軽井沢イタリアン「プリモ フィト 軽井沢駅舎店」が担当しています。

前菜

メイン

デザート

黒いペンギンマークみたいなのは(失礼!)

真田の「結び雁金」というのだそうです。

あと、スープ、パン(おいしい)などが付いていますが、

写真を撮り忘れました。

そこで、しなの鉄道HPから拝借しました。

ろくもん 洋食コース (しなの鉄道HPより)

HPの写真は、お皿ばっかり写っていて、料理がわかりにくいです。

HPの写真より、実物のほうが、ボリュームがありおいしそう。

(雪月花と同様ですね)

 

<車窓風景>

浅間山

と、いうことで、長野に到着しました。

つづく

家内が<おひとり様限定ツアーに参加> その6 妙高高原駅(旧:田口駅)

直江津を出てから1時間あまり、妙高高原駅に着きました。
この駅は、私にとって、とても思いで深い駅です。

 初めてこの駅に来たのは、1963年1月2日、小学校4年の時でした。
大阪府スキー連盟のツアーで、3日間講習を受け、最終日にバッジテストを受けて、現地で解散します。
大阪の湊町駅(現:JR難波)を出たのは1月1日の昼過ぎでした。

 列車は満席です。

昭和40年代のスキー列車車内(webより)



 オハ35の4人掛けクロスシートに座ったまま寝ます。
今の新幹線普通車シートのようにリクライニングはしません。

オハ35の座席(webより)

 臨時列車なので、定期列車の合間を縫って走るので、17時間掛かり田口駅に着きました。(1969年に妙高高原駅と改称されました)
  いまの様に宅急便はなく、みんな乗降扉と同じくらいの幅のリュックと2m近い長さのスキーを担いで駅から降ります。
 田口から赤倉温泉まではバス。(ボンネットバスが主流でした)
バスの後部にあるスキー立てにスキーを載せ、リュックは一番後ろのシートに積み上げて赤倉温泉をめざしました。


 その後も赤倉スキー場の変化に富んだスロープに惹かれて、約30年間ほとんど毎年この駅に降り立ちました。
 私が来るのはスキーシーズンだったからでしょうが、
この駅には人があふれ、タクシーやバスが列を成していました。

 2016年夏、妙高市からの要請で官民境界の確認のためこの駅に来た時は別世界のようでした。
 北陸新幹線が金沢まで開通していましたので、この駅は信越本線ではなく、
えちごトキめき鉄道・はねうまラインの終点駅になっていました。
 夏だったからでしょうが、駅には、まばらな人、駅前にはタクシーが数台、バスはいません。
 駅前にはカネダ商店が店を開けているだけでした。

 この30年間、給料は上がらず、スキーというレジャーを楽しむ若者、ファミリーはめっきり少なくなったようです。

 この妙高高原駅も「田口」という名前に戻したほうが、似合うように思います。

 

 さて、雪月花は、新幹線駅の上越妙高に向かって、ここで折り返します。
もう、お料理は出ず、乗車記念撮影や以下のおみやげがいっぱい出ます。

乗車記念撮影

乗車記念切符

乗車記念ポストカード 1

乗車記念ポストカード 2

乗車記念コースター

記念乗車証

記念乗車証

乗車記念お米150g

乗車記念はし置き

乗車記念お米150g の品質表示

このお米はおいしかったです。  雪月花はおわり。

家内が<おひとり様限定ツアーに参加> その5 雪月花のお食事

観光列車につき物のお食事。

 

 雪月花の午後便、糸魚川発13時59分に乗ると、昼食の開始が14時ころになってしまいます。おなかが空くので、10時のおやつは少し多めにしておいたほうがいいかも?

 

雪月花の三段重(一部)

雪月花では、糸魚川を出るとすぐに三段重が出ます。
ああおいしい、14時過ぎの昼食にほっとしながら舌鼓を打っていると、

「地下駅・筒石駅です」と、食べ終わっていない三段重に未練を残しつつ降ろされます。

 ながーい階段を上らずに眺めて、雪月花に帰って続きを食べていると、直江津

あつあつのうなぎ釜飯が出ます。

直江津で乗ってきた「うなぎ釜飯」

HPの写真より大きなうなぎ!

 これがまたおいしい。それに、うなぎがHPに出ているものよりも大きい!

HPのうなぎ釜飯 (ご参考まで)

 普通は、HPの方が大きく、実際の方が小さい。

 ですが、こちらは反対で、見本より実物の方が大きいです。良心的です。

 これを食べていると、「スイッチバック二本木駅!」と、また、お食事中断。

雪囲いの写真を撮ったり、バックする運転手さんと「オーライ、オーライ」の

アテンダントさんの妙技を見せてもらったり、ホームに下りて写真を撮らねばなりません。

ローマ法王にお出ししたティラミス

 それが済むと「ローマ法王が召し上がったティラミス」が出ます。

ローマ法王が雪月花に乗られた。と、いうことではなく、

来日されたときにお出ししたティラミスと同じチームが、同じレシピで作った。

 という、ことです。

これって、日本人がイタリアへ行ったときに、おはぎを出してもらうようなものでしょうか?

 

 ともかく、雪月花は、

食べたり、降りたり。

食べたり、降りたり。

食べたり、降りたり。
おいしく、忙しく、たのしい列車です。

 

つづく

https://blog.with2.net/link/?id=2094915